本ページはプロモーションが含まれています。

日々の出来事 集団ストーカーは楽しむビジネスの側面も?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

集団ストーカーは存在しています。
そして日々の出来事のように工作を行っています。

この集団ストーカーは、裏と表で成り立っています。
裏と表の構成で成り立っています。

裏の工作で不都合を作り出しています。
そして表でその問題の解決策を構築します。

そこには、ターゲットのレッテル貼りが行われています。
レッテルを変えることで、工作が継続されています。

これにより利権とも言えるお金の流れを作り出しています。
人為的に需要を作り出し、問題解決に施工が供給されます。

偽のレッテルの効力がなくなれば、別のレッテル貼りをされます。
この別のレッテル貼りで、加担者も新たに変わります。

これは、もともとターゲットが白である証明です。
白であるため、色を塗り替えることができます。

塗り替えた色によって需要と供給が発生します
人為的に需要と供給を作り上げます。

そこに医療・製薬利権や防犯利権が構築されます。
この集団ストーカーは、お金儲けです。

 

今回は影でこそこそ嫌がらせ・・・

やっている行為がバレるのがいやなのか?
顔を見られるのが嫌なのか?

分かりませんが、わたしが見るとサッと行為をやめて何食わぬ顔をして行ってしまいます。

工作の行為を見られると問題があるのだろうか?

見られたら、その見られた事に対して罰でもあたえられるのだろうか?
(何かの取り決めのような、条件があるような氣がします。そもそも通常ではおこなわれない行為ですからね。)

だから嫌がらせの音を出す場合は、見られない状態の時にしているようですね。
(これは、自ら悪事を働いていると分かっているのではないでしょうか?)

例えば、ヘリコプターが上空を飛んでいて、そのヘリコプターを見たとします。
見たら見つかった事になるのでしょうか?

次の日も、ヘリコプターは上空を飛んできます。
それは、みられたことに対して挽回をする必要があるのでしょうか?

バレたり見つかったりすれば、必ず次の日あるいは何かしらの形で、わたしの周辺に現れてウロウロしたり、何かしらの嫌がらせをしています。

ターゲット側から見れば、これを逆に利用することも可能なのかも知れませんね。
動かしたい者があれば、バレバレだよーっとか?

見つかってるよーっとか?
言えば、他の日にも必ずやってくるのかな?

なんらかの形で動くようになるのかな?
でも、それはなきにしもあらずです。

実際、そのようなことは起きています。
工作がバレたなり、見つかったなりした場合、それを挽回するかのような行為をしてきます。

必ず、その本人が行なってきます。
これは金銭的な問題があるのかな?

これは、どういうことなのでしょうか?
この集団ストーカーというのは、ある程度の契約のもとで行なわれているのでしょうか?

要するに、お金をもらう条件を満たしていない?
だから、条件を満たすためにもう一度?

なにか、そんな感じもします。
この集団ストーカーは、ある意味ビジネスとしても利用されていますからね。

集団ストーカービジネスの側面も伺えます。
そして劇場型ビジネスともいえるでしょうね。
(役者の演劇を演じているような?)

シナリオがあり、指示を出す人間と動き行動をする人間とに分かれているようです。
(しかし、それを悪事をしていると思わせないようになっているはずです。)

まぁ、考えてみますと、これも大きな利権を作り出すための小細工なように思ってしまいます。

集団ストーカーは楽しむビジネスの側面も含められているようです。
でなければ、続けられませんからね。

その小細工に、お金をプラスして楽しめるようにしたのかな?

 

昨日、午後7時32分頃、帰り支度をしている時に救急車のサイレンが急になり出しました。

自宅に帰る道中は、ものすごい車でした。
(サイレンは加担者を動かす合図と見ていいと思います。)

そして自宅の駐車場に着くと、わたしの停める駐車場だけに、また明かりを当てられていました。

スポットライトの効果でしょうか?
(注目をしているとか、監視をしているとかの意味合いがあるようですね。)

朝は、いつものようにカラスの鳴き声で目が覚めます。

午前7時8分頃、台所から排水の音がジャバジャバと始まります。

午前7時28分頃、2階からの排水音が始まると同時に、外で車のエンジンを掛ける音がしていました。

そしてまた、2階からキキィーと音がし、キュルルルガラガラと戸の音がしています。

午前7時35分頃にも、他の車のエンジンを掛ける音と同時にジャバジャバと排水音が始まりました。

何かの音がすれば、それに合わせて他の音を出す事が多いです。
これは相乗効果を狙っているのだろうか?

今日は他の事を考えないようにするために、創価学会による集団ストーカー、創価
学会による集団ストーカーと言葉に出さず頭の中で連呼してみました。

この事により戸の開閉音の回数は減りました。

午前8時30分頃に、ドドドドドッと自宅の直ぐそばで工事が始まりました。
(工事や作業は音出しや工作の仕掛けの設置に行われることが多いです。)

工事などは、嫌がらせとも取れるような音のだし方をすることが多いです。
(工事関係者にすれば防犯活動のように思われていると思います。)

これが、この工作による音を出す始め方です。
なにかのタイミングに音をだすかのようにして、始まります。
(何かのタイミングに音を出せば、しばらくその音が続けられます。)

そして出掛ける時間になると、必ずキキィーキキィーと音を出されます。

朝トイレに入った時も救急車のサイレンが鳴り、お墓参りに行った時もサイレンが鳴っていました。

午後12時55分頃、パソコンの電源を入れた時にも救急車のサイレンが鳴り始めました。
(サイレンは、危険人物に仕立て上げられているわたしへの注意喚起と防犯をするための合図だと思います。その防犯も攻めの防犯です。これはターゲットに精神的なダメージを与えるような防犯です。これによりトラブルを誘発させる狙いがあります。)

今も、隣からだと思うような音がドンドンと、壁から音が聞こえています。
(まぁ壁からなので違う方法で音出しを行っていると思われます。)

では、
 
 
トップページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク

コメントを残す

*