本ページはプロモーションが含まれています。

日々の出来事 救急車のサイレンも多い時と鳴らない時も?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

集団ストーカーは存在しています。
そして日々の出来事のように工作を行っています。

この集団ストーカーは、裏と表で成り立っています。
裏と表の構成で成り立っています。

裏の工作で不都合を作り出しています。
そして表でその問題の解決策を構築します。

これにより利権とも言えるお金の流れを作り出しています。
人為的に需要を作り出され、それに対する供給が施されます。

この集団ストーカーのターゲットはネタ作りに利用されています。
この需要と供給のネタ作りに利用されています。

防犯活動を利用して需要を作り出されています。
この需要が防犯活動の狙いでもあります。

そこに犯罪と無縁のターゲットを配置します。
そこに防犯活動に必要な需要が構築されます。

この集団ストーカーの本来の狙いはお金の流れの流通です。
この流通が集団ストーカーの目的でもあるようです。

防犯活動とお金もうけ、そして利権と支配構造です。
この集団ストーカーは、金儲けと支配の構築です。

防犯活動は、正当化させるための誤魔化しです。
集団ストーカーのターゲットも誤魔化しです。

 

昨日、仕事場で何処かに移動したりネットに接続をすると必ず車が走り去ったり前に車が止まったりしていました。

これは車の中でわたしの動きが分かっていないと出来ないし、それに行なっている内容によっても車が走り去っています。

この行為は毎日、どこに引っ越しをしても始まります。

そして昨日は体に感じる電磁波振動(超音波)が非常にきつかったです。
(この電磁波振動の事を打ち込んでいる時、タイミングよく電話が掛かってきました。)

このタイミングよく掛かってくる電話。
この行為は以前の仕事場の時からで非常にグッドタイミングで掛かってきます。

何かをしようとした時、動き始め、トイレに行こうとした時、何かの邪魔をしようとしている時など絶妙のタイミングで電話が掛かってきます。

携帯電話も同じです。

これはどのようにして行なっているのでしょうか?

今日は午前7時頃に戸を開ける音がしていましたが、いつもと違う軽い音がしていました。

午前7時4分頃にどうして音を変える必要があるのだろうかと考えていると、歩く足音がしてシャーと言うような戸を開ける音がしていました。

2階が思考盗聴により音を出しているのは間違いのない事実です。

午前7時12分頃にこの事をメモしていたらドンと物音を出されました。

朝はいつも2階とのにらみ合いのようです。
(ここに2階と衝突をさせようという狙いがあります。2階は防犯のために音を出し情報収集をしていると思われますが、結局このタイミングに音をだすことによって、ターゲットに反感をいだかさせトラブルを誘発させようとしています。それが防犯利権に繋がります。結局ビジネスです。金儲けです。)

今日も台風の影響で雨が降っています。

午後1時14分頃に救急車のサイレンが自宅の前を通過していきました。
午後1時32分頃に再び自宅の前を通過していきました。

午後5時45分頃にトイレに行った時、右目にズギンと痛みを感じ暫く目を開けれなかったですね。
(電磁波を照射されたと思われます。)

頭痛に比べると回数は少ないがこの行為も時々されています。

午後10時10分頃、消防車がサイレンを鳴らし自宅の前を通過して行きました。

わたしは他の被害者の方と被害内容が少し違うような氣がしています。

その一つにサイレンの多さがあります。

以前の仕事場に居た時は、異常と思える程サイレンが鳴っていました。
(救急車のサイレンも多い時と鳴らない時もあります。)

自宅を出る時、仕事場に着いた時、仕事中はもちろん、外出する時、帰った時、トイレに入った時、自宅に帰る時、自宅に着いた時、風呂に入った時、不意の外出時には必ず鳴っています。

その節目節目に救急車のサイレンが毎日鳴っていました。

この行為に加担している人を呼んでいるのではないかと思っていますが・・・

地方新聞には高齢者が増加したため、救急車の出動回数が増えたとはっきり新聞に載っていました。
(でも、どうでしょう?高齢者が増えたのは健康になったから?なら救急車の出動回数には関係がない?これには税金が関係しているのかな?わたしを第一級危険人物にすれば国から沢山税金が下りるように、老人を増やした介護保険の獲得?だからあちこちにデイサービスが増えている?)

今現在はサイレンの鳴る回数もグーンと減っています。
一回も鳴らない日もあります。

高齢者の数が減ったのかな、それとも高齢者の方が元気になったのかな・・・

では、
 
 
トップページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク

コメントを残す

*