本ページはプロモーションが含まれています。

戦え!集団ストーカー【徴候2】|日々の出来事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

集団ストーカーは存在しています。
それはターゲットが存在しているからです。

そのターゲットに対して工作を行ってきます。
日々の出来事のように四季折々の工作をしてきます。

集団ストーカーはある宗教団体が中心になっています。
某宗教団体が中心になって活動していると言われています。

そして集団ストーカーにはふた通りあると思います。
それは、依頼を受けて行われる集団ストーカーと、
某宗教団体のトラブルによるものです。

依頼はリストラストーカーが分かりやすいと思います。
辞めさせたい社員を自発的に辞めさせるストーカー工作です。

そしてトラブルによるものは勧誘を断ったなどによる
集団ストーカーです。

わたしの場合は依頼型だと思います。
それはリストラではなく人体実験の後始末です。

わたしの集団ストーカー工作は後始末だと思っています。
人体実験が世間にバレないための集団ストーカーです。

この集団ストーカー工作を地域住民を含めて行うために
人物像の差し替えが行われています。

人物像の差し替えが行われ危険人物にされています。
危険人物であれば地域住民の加担も容易に行われます。

これがわたしの集団ストーカーの現状だと思います。
なので攻撃型の攻める防犯と言われています。
(わたしはそう思っています。)

 

– – – – – 阿修羅ここより – – – – – –

2010年3月に阿修羅に投稿された投稿文です。
戦え!集団ストーカー【徴候2】

http://www.asyura2.com/09/cult7/msg/520.html

集団ストーカー「ガスライティング犯罪」とは24時間、自宅または社会の中で暮らしている無実の市民に対して秘密裏に成されるハラスメントを指しています。

集団ストーカー「ガスライティング犯罪」は今、日本国中で拡大しています。

今回の戦え!集団ストーカーの中では、ターゲットとして選抜された人々に対して行使されるテクニックを紹介します。

テクニックには下記に挙げるようなものがあります。

◇ 徴候

□ パトカー 消防、救急車 郵便局の付きまとい。
□ ヘリコプター 航空機のノイズキャンペーン
□ 暴走車両 廃品回収 灯油 豆腐 広報車その他のノイズキャンペーン
□ 連番やぞロ目ナンバー車両の付きまとい。
□ 通話中に雑音が多く、間違い電話、嫌がらせメールがたくさん入る。
□ 自宅もしくは職場の物品が頻繁に動かされ、侵入者の存在があることを暗示される。けれどもこういったことは第三者に証明することができない。家具や寝具の位置をずらされることも頻繁にある。
□ 自宅、自家用車、職場の中にある物の破壊及び窃盗。
□ 価格の安い物の窃盗。それらは時に再び同じ場所に返却されます。
□ 個人的な文書と被害記録の窃盗。被害者がそれ程、頻繁に目を通さないものが特に盗まれる。
□ 職場にある道具の破壊、書類の破壊、窃盗。
□ 自宅のパソコンの動作が慢性的に不安定で思うように機能しない。
□ 郵便物は届かないか、遅配、開封されている。
□ ターゲットの車に小さな傷や泥などを付ける。
□ ターゲットが行く店はいつも混雑させられている。
□ ターゲットの自家用車はしばしば他の車によってブロックされる。
□ ターゲットの好きな製品が頻繁に品切れになる。
□ 歩行中や運転中に高い頻度で妨害が入る。
□ 食事中や睡眠中、特に眠ろうとする時などのような都合の悪い時間帯に隣家が突然、騒がしくなる。

忘れないで下さい、これらが外部に見られる徴候の一部に過ぎないということです。

コメント 2010年3月

①確かに集団ストーカーは存在するのかもしれない。

②しかしそれを気にして行動していたら人間が小さくなります。

③政治家の方でも狙われている方はいます。然しそれでも気にせず職務遂行に頑張っています。

④周知をさせることは大事で社会問題化させることも大事だ。

⑤しかし集団ストーカーにあなたはあっているんだと思い込ませようとするような書き込みも問題あり。

⑥集団ストーカーが悪い官僚のように人の生きる権利さえ奪おうとするものであれ ばそれは犯罪になります。

バランスを考えて周知させていきたいものです。

コメント 2010年3月

集団ストーカーを大規模で行える連中は、これらにさらに、
①電磁波のような、遠隔的に針の刺さったような、電流が流れるような痛みを発生させる事のできる技術で、特定人物に執着的な痛みを発生させる事ができますし、
②飲食物への一服盛りで血圧40以上の高血圧(つまり結果的には脳卒中や心筋梗塞などを併発)を誘発させたり、発がん性物質の投与で長期的に癌なども発生させたりといった事もできますし、
③盗聴や監視付き纏いの集団ストーカーと①の原因不明公表不可能の痛みの長期同時進行させることで、被害者を統合失調症誤診認定に追い込み、就業崩壊までいたらせる、といったことも長期にわたり実験的に行っております。
マスメディアはそういった案件を知っていても報道しないし、警察もそんな事はありえないの一点張りで、事態の解決に対し、前向きな対応をしようとはしません。
彼らは安直に気のせいの一点張りです。
集団ストーカーの被害者のこれだけの体験を気のせい扱いする場合、それは、被害者はかなり認識のおぼつかない人物ということを意味するのですが(たくさんの気のせい=たくさんの認識違い=かなりの認識のおぼつかない人=かなりの妄想を繰り広げる人、を意味するのですから)、被害者はそれに値するケースではないのに、それほど常軌を逸した人物ではないのに、安直に、めんどくさいのには関わりたくないと言う意図のもと、被害者を全面的に気のせい扱いにしているといった状況です。

小規模の集団ストーカーは、嫌がらせ目的の咳払いと同様、もう防ぐ事はできませんが、大規模の集団ストーカーは、特にこの国の権力者と癒着する事のできる集団ストーカーは、まさに国家犯罪です。大げさな表現ではありません。科学の進歩の最大限の悪用を加味した国家犯罪であると言うことを、声を大にして言いたいです。
そして、司法は黙認しているだけだという考え方は無責任きまわりないということも、声を大にして言いたいです。そして証拠がつかめないから対応できないという対応も無責任きまわりないということも、声を大にして言いたいです。
なぜならどちらも加害者擁護の姿勢なのであり、権力者の逃げ腰や無責任が、結果的には、彼らの暴走を増長させているのです。そういった関連性は、加害者の計画に計画のねった加害行為が彼らの逃げ腰や無責任を見越している行為である事からも、一目瞭然です。
公人の被害も闇に葬られている状況みたいですから、私人である個人の被害も闇に葬られるのは当たり前だという立場のようですが、私人である個人の被害は実験をかねての犯罪ですから、もっとさらにやりたい放題です。長期で執着的で本当に困った事態なのです。
ばかばかしい、これが先進国のやる事か、といったところです。
薬物管理の徹底と権力者周辺関係者の浄化及び集団ストーカー形成関連組織の破防法認定、その実行者への重罰、最低でもこれらのことが早急に、特に特に求められる今日この頃です。

歴史家は、2010年現在、日本の権力や権威がらみの大人たちは、仕事のしない、仕事のできない、仕事をやろうとしない連中の集まりだったと言うことを、歴史にとどめておいて下さい。お願いします。

– – – – – 阿修羅ここまで – – – – – –

 

昨日は出掛ける用事があったので、早めに自宅に帰ると午前6時40分頃、救急車のサイレンがなり始めました。

用事を済ませ、再び自宅の駐車場に戻ると、こんどは駐車場に灯りを当てられていました。

今日は午前1時50分に救急車のサイレンがなり出しました。

サイレンがなり始めると、台所から排水音がジョボジョボー、ジョボジョボーと聞こえ始めました。
(やはりサイレンは工作の合図のようですね。)

あまりにもしつこいので録音をしようと思いICレコーダーに手を伸ばすと、排水音は除徐に小さくなっていきました。

 

今日は、午前5時55分に目がさめました。

目がさめましたが、しばらくは何の音も聞こえなかったですね。

午前6時38分にガラガラと戸が開き、キュルルルと網戸が開き、直ぐキュルルルトンと閉まり、ガラガラトンと戸も閉まりました。

午前6時43分にコンコンと動いているよな音が聞こえ出しました。

午前6時45分に考え始めにカラスが鳴き始めました。

午前6時50分にドンと台所の排水溝より音が聞こえ、ガラガラと戸が開き、スズメが部屋のそばで鳴きながら飛び去って行きました。

午前6時52分にキィーキィーと床がきしむような音がしてガラガラと戸の音がし、コトコトと部屋の中で音がしていました。

午前6時53分にジョボジョボーと排水音が始まり、しばらくするとジャーーと勢いよく流れ、コトコットンと上で音がしていました。

午前6時55分に考えに対してガラガラと戸が開き、キュルルルと網戸が開き、直ぐキュルルルトンと網戸が閉まり、ガラガラトンと戸も閉まりました。

午前6時57分にコトコトと部屋を歩き回っている音だけがしていました。

 

午前7時6分にスズメが鳴き始め、メモを始めると上でゴットンと音が出ていました。

午前7時7分にゴットーンと台所で音がしてジョボッとだけ排水音がして、ゴットーンと音がしていました。

午前7時9分にコトコトと動き始め、ガラガラと戸が開き、キュルルルと網戸が開き、カラスが鳴き始めガラガラと戸が閉まりました。

午前7時13分にゴトゴトと音が上から聞こえ始め、午前7時15分に考えに対してJRの列車が高架を走っている音が短く聞こえ、遠くでカラスが鳴き始めました。

午前7時17分に考え始めにカラスが鳴き出し、18分にスズメが部屋のそばで鳴き始め、段々とうるさく鳴き出しました。

午前7時20分に考えに対してドーーンと音が出ていました。
(何をどのようにして音を出しているのかわからない時もあります。)

午前7時23分にコトコトと部屋で動き回っている音が始まり、カラスが鳴き始めました。

考える内容もしっかり分かっているようだし、考える内容によって音の出方も変わっているようです。

午前7時27分に遠くでカラスが鳴き、スズメが部屋のそばで鳴き、またカラスが鳴き始めスズメが騒ぎだしました。

カァーとチュンの合唱です?

 

午前7時30分にコトコトと部屋を動き回っているような音が始まりました。

最近とくに、途中で物音がピタッと止まる時間帯があります。

食事をされているのだろうか、それとも静かーにしてこっちの様子をうかがっていのでしょうか?

午前8時25分に考えに対してゴトゴトと音がして、コトコットンと音が出ていました。

午前8時27分、コトコトと2階で音が聞こえています。

午前8時32分、考えに対して、コトコトと歩いているような音が出て、ガラガラと戸が開き、ガラガラトンと戸が閉まりコトコトと部屋を歩く音がしていました。

午前8時35分にもガラガラと戸が開き、ガラガラトンと戸が閉まり、ジョボジョボーと排水音が始まっています。

午前8時45分にベランダでゴトゴトと音が始まったので、その事をメモし始めると戸を閉めて部屋の中に入ったようです。

午前8時48分に団地を車が出て行きました。

午前9時2分に考えに対してトン、トンと戸を閉めるような音だけが出ていました。

午前9時8分、先程出ていった車が帰ってきました。

 

今日も一日、自宅にいる事にしています。

引きこもり状態にさせるのも、あいつら実行犯の作戦でもあるようですね。

わたしがちょっとでも急に外出すると、救急車のサイレンがなって付きまといの車でひっちゃかめっちゃかにされる時があります。
(わたしは常に監視をされていると言いますか、センサーが身近に取り付けられていて部屋を移動するたびに近隣に音で知らせが入るようにされている場合もあります。それにより音だけのサイレンを鳴らし、そのサイレンを聞いた加担者がわたしの周りに集まっているような感じになっているのだと思います。)

このよな事を毎回されれば、出にくくなるのも当然でもあります。
そして、もう一つ出にくくされる原因があります。

それは家宅侵入ですね。

外出すれば、また誰かが侵入されるのではないかと言う思いにかられ、中々外出できないようになってしまいます。
(2023年に思いかえせば、そのような時期もありました。現在は考えも変わり、すればするだけ、この連中の罪が重くなるのだからそれでいいじゃないのと思っています。)

侵入しても些細な事しか行なっていないです。
(侵入する目的は別にあるようです。)

警察に被害届を出す程でもない程度の事を行なっています。

例えば、スリッパの向きが逆を向けたりとか、物がちょっと移動していたりとか、トイレの戸が変に開いていたりとか、不自然はゴミが落ちていたりとか、パソコンのモニターのスイッチを切っていたと思っていたがついていたりとか?

後でアレッどうだったのかなーと考え込んでしまうようなことばかりです。
(わたしの記憶にないものに関して工作をしていることが多いです。)

 

それと不思議だったのが、夏場に食べたスイカの種が排水溝の物の流れ込みを防止する受けアミの中に残っていて、その種からニョキィニョキィと芽が出てきていました。

この事を農家をしている友人に話しをしてみると、食べたスイカの種からは絶対に芽はでないと言われました。

では何故、芽がでてきたのかこれは誰かが芽の出るスイカの種と入れ替えたとしか考えようがないですね。

このように被害届の出来ないような、頭を混乱させるような事をしています。
物も盗んでいますが、それも些細な物ばかりです。

 

それと、これも疑問に思っています。

今は表示されていないが、震災の復興中。

期間はハッキリと憶えていませんが、五ヶ月から半年位だったと思うのですが、ヤフーのトップページに家紋が表示されていました。

わたしのパソコンの画面だけと言う事はないと思います。

ご存知の方もいると思います。

震災と家紋とどう言う関係があるのか未だに疑問でもあります。

 

本日聞こえた救急車のサイレンの時間。
午前01時50分。
午前10時02分、このサイレンがなってから周り動きが激しくなった。

 

では、
 
 
トップページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク

コメントを残す

*