本ページはプロモーションが含まれています。

集団ストーカー『風評工作』対処法:米軍マニュアル?|日々の出来事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

集団ストーカーを一言で云ってしまえば闇です。

真実を明らかにできない闇です。
真実を闇に隠したお金儲けです。

お金儲けの集団ストーカーは利権の温床でもあります。

防犯活動を利用した利権の温床です。
ターゲットはその利権に利用されています。

利権の温床を防犯活動で誤魔化されています。

防犯という言葉に正義感を奪われています。
正義感を取り違えて動かされています。

犯罪を防ぐ防犯活動が犯罪の温床になっています。

集団ストーカーの防犯活動が犯罪を誘発しています。
集団ストーカーの防犯活動はハラスメントです。

集団ストーカーの防犯活動は精神的なハラスメントです。

精神的にダメージを与え覆い隠しています。
ターゲットは利権の温床の証です。

ターゲットは真実を知られたくない証です。

集団ストーカーは真実を誤魔化すためです。
防犯活動は真実を隠すためです。

 

– – – – – 阿修羅ここより – – – – – –

2009年5月に阿修羅に投稿された投稿文です。
集団ストーカー『風評工作』対処法:米軍マニュアル『FM-33-1-1』から

http://www.asyura2.com/09/cult7/msg/164.html

§Ⅰ『彼を知り己を知れば百戦して危うからず』
集団ストーカーが仕掛ける『風評工作』に対する有効な対処法はあるのでしょうか。
あるとすればそれはいかなる有効な対処法を考えることができるでしょうか。
今回は少しこれを考察してみたいと思います。
一般的に対処法を考える場合、その対処法の対象となる事象・事物がどのようなものなかを調べて知っていくことが最初となります。
この対象となる事象・事物を知ると言うことは、孫子の兵法が示すところの『彼を知り己を知れば百戦して危うからず』に通じることでもあります。
すると集団ストーカーが仕掛ける『風評工作』に対する対初法を考えるためには、この『風評工作』がどのようなものであり、どのようにして行われていくものなのかを知る必要がでてきます。
この『風評工作』は対象の居住する近隣・自治会から職場、店舗・飲食店・金融機関・不動産業者・医療機関・交通機関・運送会社など、およそ対象と関わるあらゆる人々を感化させるだけでなく、その活動に協力加担させていく活動でもあります。
こうしたことから集団ストーカーが仕掛ける『風評工作』は素人の俄仕込みでできるような話ではないことが判ってきます。
これだけの風評工作を行うためには、なんらかの原理原則に従う技法を駆使する『プロ』の活動を想定せざるを得なくなります。
そしてこれを裏付けるかのような情報が、軍事研究2007年11月号別冊、『ワールド・インテリジェンス Vol.9 特集 特殊部隊と心理戦の最先端』に掲載された記事にあります。
これは『米軍心理戦マニュアルを読む』という記事であり、そのなかに『噂の流布』に関するに原理原則に基づくテクニカル性を示す興味深い記事が掲載されています。

※注
軍事研究2007年11月号別冊は書店でも販売され以下に示すサイトで取り扱っていましたが、現在では出版元のジャパン・ミリタリー・レビュー社にも在庫がなく品切れ状態となっています。

ワールド・インテリジェンス Vol.9
特集 特殊部隊と心理戦の最先端

http://gunken.jp/blog/archives/2007/12/02_1000.php

とりあえず当方が保有しているので米軍マニュアル『FM-33-1-1』の概要を示すことにします。
ちなみにこの概要については、既に、

集団ストーカー:現代版『岡っ引き』養成のブートキャンプとインストラクター その2
http://asyura2.com/09/cult7/msg/127.html

において示していますが、今一度示すことにします。

§Ⅱ米軍マニュアル『FM-33-1-1』
米軍マニュアル『FM-33-1-1』とは心理戦に関するテクニックと手順について示された米軍教範であり、そのなかで『噂』の流布に関するテクニカルな内容が紹介されています。
この米軍マニュアル『FM-33-1-1』によると、『噂』には三つの要素があり、それぞれは、

1:発信源
2:噂そのもの
3:受信者

というもので、この三つの要素を考慮して『噂』を流布するとされています。
この三つの要素がどのようなものであるかを米軍マニュアル『FM-33-1-1』は、

1:発信源
心理戦対象者に影響力と信用のある人物が噂の発信源でなければならない。

2:噂そのもの
噂の内容が信頼できるものでなければならない

3:受信者
噂を聞いた人はそれを他人に伝える伝達者になる。
噂は聞いた人がすぐに記憶できるぐらいに短いものでなければならない。

と説明されています。

以上から判るように、『噂』とはいい加減デタラメに流布されるものなのではなく、原理原則に基づく基本的手順に従って流布されるという、極めてテクニカルなものであることが示されています。
そしてこの示すところは、どこかの場所でマニュアルに基づく訓練プログラムとインストラクターの指導の下に『風評工作』の訓練を受けた者によって行われる心理工作であるということです。
尤も米軍マニュアルとされていますからこんなことは当たり前の話でしょう。訓練場所やインストラクターは全て米軍基地内に揃っているはずでしょう。

それでは集団ストーカーが仕掛ける『風評工作』はどうでしょうか。素人の俄仕込みでテキトーデタラメに流布されるものなのでしょうか。
もう一度集団ストーカーの仕掛ける『風評工作』を一瞥してみます。

『風評工作』は対象の居住する近隣・自治会から職場、店舗・飲食店・金融機関・不動産業者・医療機関・交通機関・運送会社など、およそ対象と関わるあらゆる人々を感化させるだけでなく、その活動に協力加担させていく活動でもある。

これだけの『風評工作』は誰が考えても素人の俄仕込みでできることでも、テキトーデタラメでできる芸当でもありません。
これは『風評工作』に関する原理原則に基づく技法を駆使する『プロ』の活動というものを想定しなければ到底説明できることではありません。
『風評工作』に限らず、そもそも集団ストーカーとは『プロ』を中核とした活動であると看做す必要があります。
集団ストーカーが『プロ』の活動であるならば、その『風評工作』もプロの技法が駆使されていると看做せます。
それではどのような技法が駆使されているのでしょうか。
そのヒントと成りえるのが米軍マニュアル『FM-33-1-1』が示すところです。

§Ⅲ集団ストーカー『風評工作』手口の解剖
米軍マニュアル『FM-33-1-1』が示す『風評工作』の原理原則は、

1:発信源
心理戦対象者に影響力と信用のある人物が噂の発信源でなければならない。

2:噂そのもの
噂の内容が信頼できるものでなければならない

3:受信者
噂を聞いた人はそれを他人に伝える伝達者になる。
噂は聞いた人がすぐに記憶できるぐらいに短いものでなければならない。

とされています。
この原理原則を示すマニュアルが存在している以上、集団ストーカーもこれと類似するマニュアルに基づいた『風評工作』を仕掛けてくると考えてもなんら不思議はないことになります。
この米軍マニュアル『FM-33-1-1』をヒントとして、集団ストーカーがどのようにして『風評工作』を仕掛け、何も知らない一般人(社会人)を感化洗脳させていくのかを解剖してみます。

1:発信源
心理戦対象者に影響力と信用のある人物が噂の発信源でなければならない。

この心理戦対象者を集団ストーカーに協力加担させるべく一般人(社会人)に置き換えてみると、

①一般人(社会人)に影響力と信用のある人物が噂の発信源でなければならない。

ということが判ります。
噂の発信源は、あくまでも一般人(社会人)に対する『影響力と信用のある人物』でなければならないということです。
すると策謀的な頭を持つ者はきっとこのように考えるはずです。

②ならば一般人(社会人)に対する『影響力と信用のある人物』を利用するか、それを装えばいい。

ここでひとつの材料をも持ち出してみます。
持ち出す材料はこれです。

やりすぎ防犯パトロール、特定人物を尾行監視
http://www.222.co.jp/netnews/netnews.php/articles/detail/SN/36113
(表示できません。)

一般人(社会人)に対する『影響力と信用のある人物』の代表格に該当するものはいくつかありましょうが、
防犯パトロール関係者はそのひとつ見て異論は無いでしょう。
なんといっても防犯パトロール関係者の背後には警察権力が控えています。
防犯パトロール関係者の情報は警察情報に基づくでしょうから、防犯要員の情報を疑う人がいるでしょうか。
あるとき目の前に防犯要員と称する紳士的で知的な雰囲気を持つ柔和な言動態度の人物が現われ、もっともらしい情報で特定人物に対する警戒と監視の協力を要請されれば、殆どの一般人(社会人)は疑いもなく鵜呑みにして信じ込んで協力加担するでしょう。
こうしたことが技法となっていれば、これは一般人(社会人)の持つ心理の盲点を突いたものであり、公権力や社会正義、社会的信頼性を盲目的に信じ込む盲点を突く技法の駆使と言えます。

2:噂そのもの
噂の内容が信頼できるものでなければならない

ウソを本当のこととして信じ込ませようとしても無理でしょう。こうしたことは必ず見破られてしまいます。
しかし、このウソに事実関係が混ざるとなかなか見破ることはできなくなります。
人間が一番騙されていくパターンがこのウソと本当のことを混在させる技法です。
すると、

①噂に真実性を持たせて人々に信じ込ませるには、あくまでも事実関係に基づいたものでなければならない。

ことがわかります。
すると策謀的な頭を持つ者はきっとこのように考えるはずです。

②ならば対象に関する事実関係を把握しそれを脚色・誇張・歪曲・曲解させるか、聞き手が勝手にそう解釈する暗示的表現を効果的に使用すればいい。

ということが判ります。
ここで重要なポイントとなるのが、あくまでも対象の事実関係に基づくということです。
そのためには、

③あらゆる策謀的技法を駆使して対象の言質を取ったり、対象の取る行為行動の証拠を押さえる、

ということが判ります。
つまり策謀的工作による既成事実の捏造です。

3:受信者
噂を聞いた人はそれを他人に伝える伝達者になる。
噂は聞いた人がすぐに記憶できるぐらいに短いものでなければならない。

噂の流布は誰でもいいのかもしれませんが、できるならば一般人(社会人)に対する『影響力と信用のある人物』の口から広がるように行われるでしょう。
こうした『影響力と信用のある人物』は大抵の地域社会にいるものです。
さらに特定人物に対するレッテルを貼りやすいような手短な言葉を盛り込んでやれば、噂の内容は手短になるはずです。

§Ⅳ風評工作対処法
米軍マニュアル『FM-33-1-1』が示すことから風評工作に対する対処法として、
まず『風評工作』に対する予備知識を誰もが持つ必要があるということです。
それは、

1.予備知識
①一般人(社会人)に対する『影響力と信用のある人物』を利用するか、それを装う、化ける。
②対象に関する事実関係を把握しそれを脚色・誇張・歪曲・曲解させる。
③聞き手が勝手にネガティブに解釈するような曖昧な表現、暗示的表現を効果的に使用してくる。
④レッテル化するような内容。

2.対処法
①特定人物に関する不審な話についてはその話の出所を聞く。
②特定人物に関する不審な話をする者が防犯関係者であればその人物の氏名・住所・電話番号、所属先の住所・電話番号と身分証明書を提示させる。
③警察情報に基づくとする場合、どの部署のなんという名前の警察官かを明示させる。
④明示できないならその理由を聞き、納得できるか否かを判断する。
⑤風評を流布される対象となった人に接近し心当たりがあるか否かを聞き反応を観察する。
⑥特定人物に関する悪い噂を口にする者の背景を考える(特にカルト的な団体の構成員であるか否か)

など。

『風評工作』の対処法は、こうした手口を行使して不特定多数の市民を感化させ唆し嗾けようとする『何者』かがいると言うことを多くの国民が心に留めておくことです。

この『風評工作』の特徴は『特定人物に対する悪い噂』です。
その一番効果的な方法が、防犯上の警戒対象人物であるかのごとき以下のような内容の噂の流布です。

①妄想に囚われた精神障害者であるかのような噂
②何をするかわからない虞犯性の高い要注意人物であるかのような噂

こうしたことを一人でも多くの国民が知る必要があります。

– – – – – 阿修羅ここまで – – – – – –

 

午前4時51分に目がさめました。

午前5時13分、カパン、カパン、カパンと外で音がしていました。

鍋にふたをするときの音で、この時間帯にしては不思議な音でした。

午前5時22分頃から段々と冷蔵庫のモーター音が大きくなり始めました。

午前6時28分、トンと戸の閉まるような音がしていました。

午前6時31分、カラスが鳴き始めたので、メモを始めるとカラスが一斉に鳴き始めました。
(何匹いるのかわかりませんが、大合唱です。)

さまざまな鳴き声で大合唱のように鳴き始めました。

果たして指揮者は誰なのでしょうか?

午前6時33分、ストーブのタンクからボッコンと音がしています。

午前6時36分、カラスがまた鳴き始めました。

この場所に何羽カラスがいるのだろうか?

そんなにこの場所が居心地がいいのでしょうか?

それともアメ玉があっちこっちにポロリ、ポロリと落ちているのでしょうか?

午前6時45分、またカラスが鳴き始めました。

今日は、サービスよく鳴いています。

サービスをしてもチップはないですよーっ!

それともこの思考チップがほしいですかね?

午前6時52分、部屋のそばでカラスが鳴き始めました。

んーっ!
まだ思考チップはあげてないですよーっ!

午前6時58分、2階でコトコトと歩いているような音がして、台所でガーガーと音がしていました。
そして、また部屋のそばでカラスが鳴き始めました。

午前7時1分、冷蔵庫でまたモーター音が大きくなり始め、外でパリパリと氷ついた雪を踏み砕くような足音がして、部屋の上でゴットントンと音がしていました。

午前7時4分、ガラガラーと戸が開き、キュルルルと網戸が開き、キュルルルトンと網戸が閉まり、ガラガラトンと戸が閉まりました。

午前7時6分、また足音がして車が団地を出て行きました。

遠くでカラスが鳴き始め、部屋のそばでスズメが鳴き始めました。

午前7時8分、コトコトとこっちの様子を伺うように音がでています。

午前7時11分、カラスがなき、スズメは先程から鳴き続けています。
(音出しなので可能になっています。)

午前7時30分頃、トイレに行きました。

最近はトイレでのチン道中は無くなりつつありますが、トイレのそばにある洗面台で水を流す行為が増えています。

今日も床のきしむような音がギギィ、ギギィとして、洗面台から水がジャッーーと流れだし、鼻歌のような音楽が聞こえてきました。

わたしが部屋に戻ると、2階の方も同じように戻っているようでした。

午前7時47分、スズメがやっと鳴き止んだときに、上でトンと戸の閉まるような音がし、外で車のドアの閉まる音がしてエンジンが掛かりました。

午前8時6分、トンと戸の閉まるような音がしていまいした。

午前8時8分、考えに対してコットントンと上で音がしています。

わたしが考え始めると、急いでスリッパを脱ぎその場所に駆けつけているような感じにも受け取れました。
(人体実験ですからね。)

わたしが何かを考えると、何処かでお知らせ音でも出しているのでしょうか?
救急車のお知らせサイレンのような?

午前9時2分、考え始めに、ガラガラと戸が開き、ガラガラトンと戸が閉まり、2階の部屋でゴットンゴットンと音が出ていました。

今日は昼前に用事があり出掛けました。
その前に、わたしが出掛ける一時間前くらいになると、救急車のサイレンがなる事が多いです。
(予定は思考で読み取られているのかな?)

多いので逆に、「出掛ける一時間前くらいだけど、そろそろ救急車のサイレンをならさなくていいのか?」と考えると、何と救急車のサイレンがなり出しました。

午前11時47分頃、出掛ける時間が来たので、駐車場に向かい車に乗り込もうとした時に救急車のお知らせサイレンがなり始めました。

道路に出てしばらく走っていると、前の車の後ろに何やら貼ってあるものが見える。

車を近づけてみると、何と防犯パトロールのステッカーが貼ってありました。

やりすぎ防犯パトロールの象徴のようなものでもあります。

被害者の方が見れば、多分、ムッとされると思います。

わたしもムッとします。

これが心理作戦かも分かりませんが、ムダな事をして逆効果になる事をしているような氣がします。

このようなステッカーを貼った車をわたしから見れば、どけどけーっ!
今、防犯活動のパトロールをしているのだ。

どけどけーっ!
と言うように見えて来ます。

以前にもリンリンパトロールのかごの前や企業の車に貼ってあるのは見た事がありますが、今回の物は地区の名前が入っていました。
(大々的に行っているようです。全て国民の税金ですからね。またその一部をポケットに入れているのかな?)

その地区だけが地区名入りのステッカーを作っているとは考えられないです。

この地区名はわたしの小学校の母校である地区名です。

後ろに貼ってあると言う事は、確認は出来なかったのですが、両サイドにも貼ってあると思われ一台につき計3枚かな?
(後ろだけだと後ろからくる物に対してだけになります)

このステッカーの費用は何処から出ているのでしょうか?
(無駄な税金の使い道だと思います。)

用事を済ませ、帰り道パトカーに遭遇しました。

本日聞こえた救急車のサイレンの時間。
午前11時01分頃。
午前11時46分頃。
午後04時44分頃、消防車のサイレン。

午後12時31分頃、パトカーに遭遇。

では、
 
 
トップページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク

コメントを残す

*